GUIDE

非正規品に注意!ED治療薬の模造品は危険

個人輸入でED治療薬を購入する危険性

インターネット上で販売されているED治療薬の中には、有効成分を含まないニセモノばかりか、不純物が多く含まれる危険なものも出回っています。
それらを服用して、過去実際に死亡事故にいたったケースも報告されております。ED治療薬はご自身の安全の為、きちんとした医療機関で、処方してもらいましょう。

 

絶対ダメ!コピー商品

日本国内に偽ED治療薬を持ち込むことは禁止されております。(知的財産権の侵害にあたります)
万が一、偽物やコピー品を持ち込んだ場合、持ち込んだ本人が処罰の対象となる恐れがありますので、十分ご注意ください。

 

見た目では判断できない!本物と偽物の区別

ED治療薬の偽物は、本物と同じような形状で精巧に似せられていることが多く、見分けをつけるのは難しいといえます。
それらを販売しているインターネット上のサイトでは、ユーザーを巧みに誘導して信用させるキャッチコピーもあり、細心のな注意が必要!
ED治療薬は、ご自身の安全のため正式な医療機関で医師の診断を通し、処方してもらいましょう。

 

リスクの高い海外製ED薬

近頃、ED・AGAを専門にしている「某男性クリニック」が厚労省”未認可”の海外製ED治療薬を処方している、という話を耳にします。
厚労省”未認可”の 海外製ED薬は個人輸入での仕入れのため、非常にリスクが高いのでご注意ください。