ED

レビトラ

■レビトラ 10mg 1錠 1,490円
■レビトラ 20mg 1錠 1,790円
※すべて消費税込

 

■レビトラの処方

初診、再診問わず診察料は一切かかりません。
来院からお薬の処方まで5分~10分程度です。
1錠から処方いたします。
保険証は不要です。
服用中のお薬がある方は分かるようにしてご来院ください。

 

■レビトラの服用方法

レビトラの服用方法ですが、性行為の15分~30分前にお水で服用してください。
また、しっかりと効果を出したい場合はなるべく空腹時に服用してください。
ED治療薬は総じて食事の影響を受ける薬剤です。確実に効果を得たい場合は空腹時に服用して頂いた方がより効果を発揮します。
どうしても食事をする場合は食事を頂く前に服用し、効果が現れてから食事をとってください。
食後に服用する場合は食後から二時間ほど時間を空けて下さい。その際油分の多い食事を避けて頂き、腹八分目程度に抑える様にしてください。
アルコールは適量でしたらリラックス効果があるので問題はありませんが、過度に摂取してしまうとEDの症状を誘発する原因にもなってしまい、レビトラの効果が薄れてしまう可能性が御座いますのでなるべく適量に抑えて下さい。

 

■レビトラの副作用

副作用に関しては他のED治療薬と同様です。
主に頭痛・顔の火照り・動悸・鼻づまりなどが挙げられますが、これら副作用は薬の効果が弱まると共に緩和されていく為、過度な心配は不要です。
レビトラの効果があらわれた合図と思って頂けると良いかもしれません。 また、レビトラ服用時の副作用は70%以上の方は何も感じなかったという調査結果もあります。
もし副作用が現れてもアルコール摂取時の症状によく似ているとされるほど軽度な症状なのでご安心下さい。

 

■レビトラの併用禁忌薬

硝酸剤(飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレー)
抗ウイルス薬(HIV治療薬)
内服の抗真菌薬(水虫などのカビによる感染症の治療薬)
抗不整脈薬

 

■レビトラを処方できない方

以下の項目に該当の方は服用ができません。
1.硝酸剤を使用中の方
2.レビトラ(バルデナフィル製剤)服用において過敏症を起こした事がある方
3.心血管系障害を有している等の事情で医師に性行為が不適当であると診断された方
4.重い肝障害がある方
5.過去6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血や心筋梗塞を起こしたことがある方
6.重度の低血圧(血圧90/50mmHg以下)や高血圧(最大血圧170mmHg又は最小血圧100mmHg)の方
7.不安定狭心症の方
8.抗ウイルス剤(HIV治療薬)、内部の抗真菌薬を服用中の方
9.網膜色素変性症の方
10.先天的不整脈がある方、抗不整脈薬を使用中の方
11.透析中の方