ED

EDについてよくある質問

Q
EDとは何ですか?
A
EDとは、Erectile Dysfunction の略で、勃起障害と訳されています。
勃起が不十分なために、性行為に支障があることをいい、具体的には以下のような症状を指します。
当てはまることがあれば、早めに治療を考えてください。

EDの症状

■勃起の硬さが弱くなった
■勃起が短時間で萎えてしまう
■一度萎えると再勃起が難しい
■全く勃起しない

Q
EDがなぜ注目されるようになったのですか?
A

40歳以上の男性の3人に1人がED

高齢者人口の増加や生活習慣病の多様化、社会的ストレスの増大などにより、患者数が実際に増えていると推測されます。
近年、効果的な飲み薬が登場し、“治せる病気”になったことや、ED治療によるさまざまな波及効果が明らかになったことなども、EDがクローズアップされている理由ともいえます。
なお、国内のED患者数は推計1,130万人、40歳以上の男性の3人に1人が該当するといわれています。
しかし治療を受けている人は実際の患者数よりずっと少なく、ED治療の先進国であるアメリカなどと大きく異なります。
日本人男性の多くが、手を伸ばせば届く幸せを享受していないのです。

Q
ED治療の波及効果とは?
A
例えば高血圧や糖尿病、脳卒中・心臓病の後遺症のある患者さんがEDの治療を受けると、このような病気の療養やリハビリによい結果が現れることがしばしばあります。
ED治療の効果を実感し、“生きがい”や“人生の喜び”を再確認できること、ご夫婦の関係が円満になることなどが、そういった生活習慣病の治療の励みになるのでしょう。
逆に、EDの相談から高血圧や糖尿病が見つかることもあります。
また、ストレスによるうつ傾向のある患者さんでは、ED治療によって抗うつ気分障害が改善される方もいます。
Q
高血圧や糖尿病、脳卒中・心臓病の後遺症がある人でもEDを治療できるのですか?
A
もちろんそれらの病気がない人に比べれば注意が必要ですが、治療を受けられないケースというのは、それほど多いものではありません。
80歳を越えてED治療薬(PDE5阻害薬という飲み薬)を服用している方もいるほどで、きちんと事前に検査を受ければED治療を行えます。
「自分は無理だろう」などと諦めずに、まずは当院にご相談ください。
Q
EDの原因について教えてください
A
勃起現象は、陰茎の海綿体に大量の血液を送り込み、性行為が終わるまでその血液が流出しないようにため込んでおくことで成立します。
それには、陰茎の血管と神経が健康に保たれていることが重要です。
ですから、血管障害や神経霜害を起こす危険因子は、EDの原因ともなります。
血管障害は加齢とともに進行しますが、高血圧や糖尿病などがあると、より早く進行し、EDのリスクが高くなります。
このほか、精神的ストレスや不安・緊張によるED、男性更年期におけるホルモン分泌の低下によるED、薬の副作用によるEDなどがあります。
Q
ED治療を受けてみたいのですが、やはり泌尿器科に行かないといけませんか?
A
確かに以前は泌尿器科がED治療の中心でしたが、生活習慣病に伴うEDが増えていることを背景に、現在では内科が治療の中心になってきました。
もちろん、泌尿器科でもかまわないですが、最初はまず、あなたの体をよく知っている内科のかかりつけ医に相談するという方法もあります。
当院では安心して治療をお受けいただくために泌尿器科や内科にはないカウンセリングなどの、さまざまな選択肢をご用意しています。ぜひ一度お気軽にご来院ください。
Q
ED薬はどのように作用して効果が現れるのでしょうか?
A
勃起現象をスムーズに起こすポイントは、陰茎の血流量です。
飲み薬のED治療薬「PDE5阻害薬」は、陰茎の血管を拡張して海綿体の血液量を増やし、勃起を促し持続させます。
また、陰茎の血液障害の進行を抑える作用もあり、それによってEDの悪化を防ぐ働きもあると考えられています。
Q
ED薬は、いつ、どのくらい飲むのですか?
A
現在、国内で3種類のED治療薬(PDE5阻害薬)があり、それぞれに薬の成分量が異なるものが用意されています。
どの薬のどの容量を使うかは、EDの症状や前世院の健康状態、患者さんの生活スタイルなどを医師が総合的に判断して決め、患者さんに処方します。
性行為を行う1時間ぐらい前に1錠服用(頓服)してください。
初めての副作用は緊張のためか、やや効果が弱い場合があります。
効果が不十分だったとしても、がっかりせずに、2回目以降に期待してください。
ただし、必ず定められた時間(24~48時間。薬の種類・用量により異なる)以上のあいだをおいて服用してください。
なお、薬の効果を補うために以下のような工夫をしてみるのもよいでしょう。

ED薬の効果を引き出す方法

■空腹時に服用してみる(薬の種類によっては食後に効果が弱くなることがあるため)
■睡眠を十分に取っておく
■ほどよい飲酒(飲み過ぎは逆効果)
■パートナーと協力して,性的な刺激を工夫する
■無理そうなら焦らず、次回を楽しみに

Q
ED薬の副作用は?
A
まれに血圧が若干下がることがありますが、通常それが問題になることはありません。
ただ降圧薬を服用している場合は少し注意が必要ですから、医師の指示を守ってください。
血圧降下のほかには軽い頭痛が起きることもあります。
このほか、まれな副作用として、視覚や聴覚の障害が報告されています。
重要なことは、狭心症治療薬のニトログリセリン製剤などと同時に服用してはいけないということです。狭心症の薬と併用すると、血圧が過度に低下することがあるからです。
この点は十分理解しておいてください。
なお、患者さんから 「薬を飲み続けると効果が弱くなるのでは?」 という質問をよく受けますが、毎日継続して飲む薬ではないので、その心配はありません。
Q
実際に受診すると、医師からはどんなことを聞かれ、どんな検査を受けるのでしょうか?
A
医療機関・医師によって診察の仕方は異なりますが、当院では、まず最初に簡単な問診票(症状やストレスの状況、アレルギーの有無、服用している薬などに関する質問票)に記入してもらい、問診票をもとに医師の診察となります。プライバシーに関することなどをお聞きすることはありません。
また必要とされる方以外は特に検査などはありませんので、ご安心ください。
Q
問診や診察を受けずに、薬を入手する方法はありませんか?
A
ED治療薬(PDE5阻害薬)は誰でも自由に入手できる薬ではなく、医師の処方箋が必要な薬剤です。
「ED治療薬を入手できる」とうたったホームページなどもありますが、そのような経路で出回っているものが本物の薬かどうか保証はできません。
実際に、1ケースに数錠だけ本物が入っていて、その他はすべて偽物だった商品が出回ったこともあります。
偽物の場合、もしも心臓発作などの事故が起きたときに、転送先の病院の医師は適切な救急処置の判断に手間取ります。
仮に本物だとしても、PDE5阻害薬には禁忌事項(服用してはいけない人・状態)がありますから、不正規に入手せず、医師の診察を受けてください。
※当院が扱っているお薬はすべて厚生労働省が認可した国内正規の処方薬です。ご安心ください。
Q
治療費はいくらぐらいかかりますか?
A
健康保険は適用されていませんので、全額自己負担(自由診療)になります。
しかしながら当院では基本的に診察費は初診・再診とも無償としており、薬剤のみの費用がかかるとお考えください。
>>料金表
Q
EDの薬を服用できない場合や、効果がなかった場合、あきらめるしかないのでしょうか?
A
何かの病気のためにED治療薬(PDE5阻害薬)を服用できない場合は、先ずその病気を治療し、病状を安定させてからPDE5阻害薬を試みます。
薬の効果が不十分な場合は詳しい検査をして原因を特定し、それに対する治療を進めます。
泌尿器科医による専門的な治療や、心療内科でカウンセリングを行うこともあります。
飲み薬の他にも、治療方法はいろいろあるということです。お迷いなら、まずは当院にお気軽にご相談ください。
Q
パートナー(夫)がEDの場合、妻はどのように夫に接すればよいのでしょうか?
A
ご夫婦で話し合い、治療を進めてはいかがでしょうか。あなた(妻)の助言を夫は待っているかも知れません。
また、ひょっとしたら精神的なストレスによるEDなのかも知れません。そうだとしたら、なるべく早く受診することが望まれます。
反対に、もしあなたご自身が性のことで悩んでいるのでしたら、やはり夫に相談してみましょう。夫がEDになる時期には、妻は更年期に当たることが多いために、膣内分泌の低下や性交痛などが現れやすくなるものです。
産婦人科を受診するのもよいですし、夫のED治療の際に一緒に受診するのもよいでしょう。 女子制の性機能障害に対しても、潤滑ゼリー(薬局などで購入できます)を使うなど、きちんとした対処方法があります。
お二人の幸せのために、お互いに性について話せる雰囲気を大切にしてください(※当院はご夫婦の問題としてのED治療にも積極的に対応しますので、悩まずにお気軽にご相談いただければと思います)。

 

※以上、「ED(勃起障害)Q&A」一般社団法人日本臨床内科学会・ファイザー)参照