AGA

ザガーロ

ザガーロ■ザガーロカプセル 0.5mg 30錠 9,000円
※消費税込

 

■ザガーロの処方

初診、再診問わず診察料は一切かかりません。
来院からお薬の処方まで5分~10分程度です。
保険証は不要です。
服用中のお薬がある方は分かるようにしてご来院ください。

 

■ザガーロの服用方法

服用方法は1日1回1錠で、カプセルになってます。
食事の影響はないので、食前食後どちらでも構いません。
服用する時間は特に定められてはいませんが、飲み忘れを防ぐために、毎日決まった時間に服用しましょう。
AGA治療薬は、継続服用することで効果を発揮する薬剤です(通常、半年位は服用し続けることが必要)。飲み忘れてしまっては、AGA治療になりません。
薬の効果が発揮するよう、毎日決められた時間に必ず服用するよう心掛けましょう。

 

■ザガーロの副作用

よく言われている、ザガーロの副作用ですが、ほぼプロペシアと同じあり、ED(勃起不全)やリビドー(性欲)減退、精液減少といった性機能障害が起こる可能性があります。
ザガーロでED症状が出現した場合は、医師にご相談ください。

 

■ザガーロの併用禁忌薬

ザガーロに併用禁忌薬はありません。

 

■ザガーロを処方できない方

次に該当する方はザガーロの処方ができませんのでご注意ください。
1.ザガーロの成分及び他の5α 還元酵素阻害薬に対し過敏症の既往歴のある方
2.女性(妊婦、産婦、授乳婦等)の方
3.投与できないのは、ラット及びウサギにザガーロ(デュタステリド)を経口投与した結果、雄胎児の外生殖器の雌性化がみられ、ザガーロの曝露により血中ジヒドロテ4.ストステロンが低下し、男子胎児の外生殖器の発達を阻害する可能性があるためです。
5.小児、未成年者の方
6.重度の肝機能障害のある方

 

■ザガーロの正しい使い方

女性に触れさせない

ザガーロにはいくつかの注意点があります。
妊婦や妊娠の可能性のある女性には特に注意が必要です。
デュタステリドには生殖器の育成に影響を与えることがあります。女性が触れてしまうと、胎児の生殖器に影響が出ることがあり、取り扱いには注意が必要です。
もちろん、ザガーロ自体にはカプセルコーティングがされており、触れても問題はありませんが、万が一、カプセルが破れて直接成分に触れてしまうと、皮膚から浸透してしまうので取り扱いには細心の注意を払ってください。