AGA

プロペシア

プロペシア■プロペシア錠 1mg 28錠 7,800円
■プロペシア錠 1mg 90錠 25,000円
※すべて消費税込

 

■プロペシアの処方

初診、再診問わず診察料は一切かかりません。
来院からお薬の処方まで5分~10分程度です。
保険証は不要です。
服用中のお薬がある方は分かるようにしてご来院ください。

 

■プロペシアの服用方法

プロペシアは、1日1回毎日決まった時間に極量1㎎錠を守って服用することで、薬剤の血中濃度を安定させられます。
食事の影響は受けません。
1日に1㎎より多くのプロペシアを服用しても、AGAの治療効果に差が出ないことが臨床試験によって証明されています。
したがって、体に影響することはありませんが、「前日に飲み忘れたから」とプロペシアを1日に複数錠服用することはおすすめできません。
禁忌として服用できない方は、プロペシアの有効成分であるフィナステリドにアレルギー反応を起こしたことのある方はもちろん、女性(妊婦・妊娠している可能性のある女性、授乳中の女性)は服用できません。
子どもに対する安全性や有効性も確立されていませんので、服用させないようにしてください。
肝機能障害をお持ちの方も注意が必要です。
また、プロペシアによるAGA治療中の方は、輸血した場合に女性に危険性があるため献血ができません。
その他にも服用中に気になる症状がある場合は、すぐに専門の医師にご相談ください。

 

■プロペシアの副作用

プロペシアを服用した際に副作用が出る可能性がありますが、発生率は1%程度と大変低くなっています。
代表的な副作用としては、勃起不全や性欲減退などが挙げられます。万が一、それらの症状が出てしまった際には、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬で改善できます。
また、ごく稀に肝機能障害や食欲不振などの倦怠感が表れる症状が出ることもあります。
もし、そういった症状が現れた際には専門の医師にご相談ください。
また、副作用とは違う症状で「初期脱毛」が現れることがあります。
初期脱毛とはヘアサイクルが改善されることにより現在生えている成長期が短縮されて、抜けやすい髪の毛が次に生えてくる健康な髪の毛に場所を譲るために抜けることで起きます。
心配になってしまう方もいるとは思いますが、薬の効果が現れてヘアサイクルが改善に向かっている証と言えるので、服用を止めないようにしましょう。

 

■プロペシアの併用禁忌薬

プロペシアに併用禁忌薬はありません。

 

■プロペシア服用の注意

■プロペシアは男性型脱毛症(AGA)においての処方です。女性には効果が認められておりません。
■プロペシアは未成年の方への効能や安全性は確立されておりません。
■プロペシアは3ヵ月続けて服用することにより期待する効果が現れる場合もありますが、効果を確認するには半年間続けて服用することが必要です。効果を持続させるためには続けて服用してください。
■プロペシアを分割、粉砕しないでください。プロペシアを割って服用した場合の安全性・有効性は保証されておりません。
■妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人はプロペシアを取り扱わないでください。妊娠中の方がプロペシアを服用したり、破損したプロペシアに触れて有効成分が吸収されたりすると、男子胎児の生殖器官などの正常発育に影響を及ぼす恐れがあります。
■肝機能障害のある方は医師に相談してください。プロペシアは肝臓で代謝される薬です。服用中に肝機能障害がみられた報告がありますのでご注意ください。
■前立腺がんの検査を受ける方はプロペシアを服用中であることを担当医師にお知らせしてください。
■プロペシアを服用中は献血ができません。(服用中止後1ヵ月経過で可能)